腰、膝、股関節の痛みについてのお役立ち情報を配信

中崎町整体院

大阪メトロ(旧大阪市営地下鉄)谷町線 中崎町駅3番出口、4番出口から徒歩1分

住 所
大阪市北区中崎西2-1-1
ゼネラルビル1F
営業時間
10:00〜21:00
10:00〜17:00

中崎町整体院のブログ

【警告!】あふれ返る健康情報に踊らされるな!|大阪梅田 中崎町整体院

    • ヘルニア 大阪
    • 坐骨神経痛 大阪
    • 股関節の痛み 大阪
    • 脊柱管狭窄症 大阪
    • 腰痛 大阪
    • 膝の痛み 大阪 

中崎町整体院のブログにご訪問くださり、ありがとうございます。 院長の福井です。 今回は皆さんが大好きなテレビや雑誌でも頻繁に取り上げられる健康情報について書いていきたいと思います。 世の中は健康情報であふれている 空前の健康ブームと言われている世の中ですが、人それぞれ「健康」に対しての見方は違うもので、ためして○ッテンをはじめとしたテレビ番組から情報を得て試してみる人や、雑誌などでチラッと見たことを実践する人、人から聞いたことを鵜呑みにする人など様々です。 ところであなたは健康維持や健康増進のためにどれだけ自分に時間とお金を投資しているでしょうか? 消費者庁の調べによると、 全世代でお金を最もかけているのは「食べること」だそうです。 10代、20代、30代では食べることの次は「ファッション」 子育て世代の30代〜50代は「教育」「住まい」 60代、70代になると「医療」「旅行」 健康維持や増進にお金をかける意識はどの世代でもそれほど高くないようですね。 これだけ健康ブームと言われていても実際にお金をかけてもっと健康になろう!という意識を持っている人というのはほんの一握りなのかもしれません。 「健康・リラックス」にお金をかけたいと思っているのは、50代以上の世代になるようです。 テレビや雑誌で流れる健康情報には敏感に反応するけど、実際に健康になるための行動まで移せている人が少ないというが私の感覚です。 健康な人や症状がどんどん良くなる人は、健康になるための行動に移すのが非常に早く、色々と試して自分に合うものをいち早く見つけて、それを地道に毎日やり続けます。 反対に不健康な人や症状がなかなか改善していかない人は、健康情報はキャッチして行動するけど長続きしない、気が向いた時にしかやらない。そして自分に合うかどうかわからないまま次の健康情報に飛びつくということを繰り返しています。 本当に健康になろうと思ったら、栄養・睡眠・運動の3つの分野だけきっちりやれば良いだけなんです。 ①バランスの良い食事で栄養補給をする 栄養のバランスに気をつけると言ってもあなたはおそらく、野菜を多めに摂るとか炭水化物を減らすとか、夜に食べ過ぎないとかその程度のことだと思います。 これはこれで間違いではありませんが、本当に朝・昼・夜の三食きっちり食べる必要があるのか考えたことはありますか? あなたが仮にデスクワークをしていて、一日あまり動くことのないお仕事だった場合、エネルギーの消耗は少ないはずです。それを三食きっちり摂ってしまうとカロリーオーバーです。 昼食は必要ない体かもしれません。一度ご自身のライフスタイルを見直す必要があります。 そして一番楽しい晩ご飯ですが、家に帰ってから何か重労働をしたり体を酷使することのある場合は別として、基本はお風呂に入ったり、テレビを見たり、読書をしたりしてくつろぐ時間が多いのではありませんか? 特に多くのエネルギーを使う必要がないのであれば、ガッツリ食べる必要はないはずです。 大体の方は晩ご飯のボリュームが三食の中で一番大きいものになりがちです。 晩ご飯の楽しみが奪われては困るというのであれば仕方ないですが、体の不調を改善したいと本気で思うのであれば、真剣に食事に関しては向き合った方が良いでしょう。 最初から頑張る必要はありません。 まずは自分のライフスタイルを振り返ってみて、本当に三食必要なのかそうではないのかを判断してください。 一食抜いたり、晩ご飯の量を減らしたところで急激に体調が悪くなることはありえません。三日坊主でも構いませんのでぜひチャレンジしてみてください。 ②質の良い睡眠をとる 「毎日睡眠時間がバラバラなんです。」 「なかなか寝付けないんです。」 「夜中に何回も目が覚めてしまうんです。」 こういう人は意外と多いです。私の周りにもたくさんいます。 こういった人たちの特徴は、毎晩のように寝る前に必ずスマホでゲームをしたり、ネット検索してみたり、SNSでやりとりしたりする方が多いです。 これから就寝という時にスマホを見ているとスマホから出る光の刺激が目に入って、本来ならリラックスモードに入らないといけないのに、興奮状態になってしまいます。交感神経が高ぶってしまうのです。 生活習慣の中に染みついているとなかなかやめることができませんが、これから健康になろうと真剣に考えているあなたにとって、夜にYouTubeを見たり、ゲームをしたり、SNSでやり取りしたりすることは必要ですか? それよりもまずは一日頑張って動いてくれた体を効率よく回復させるために、睡眠の質を上げる工夫をされた方が良いでしょう。 ③適度な運動をすること こんなことは言われなくてもわかってるというあなたにこそ知っておいてほしいです。 「1日1万歩」とか「20分以上の有酸素運動」を行いましょうと一昔は言われていましたが、そんな時間を割くことはできないよーという声が聞こえてきそうです。 そんな時間が捻出できないという超多忙なあなたには、ラジオ体操をオススメします。 ラジオ体操は全部やっても10分もかかりません。ラジオ体操第一は約3分、第二は約3分30秒だそうです。 24時間ある中でたった3分も捻出できないような超多忙な方を私は見たことがありません。 おそらくこのたったの3分を捻出できない方は今後も健康になることはないでしょう。 体のどこにも不調がなく健康に過ごされている方は、このたった3分を大切にし、毎日継続しています。 適当にやるのではなく、ラジオ体操のお姉さんがやっているように全ての動きをきっちりやることが大切です。どうせやるんだったら、きっちり動かした方が消費カロリーも多いし、関節の可動域も広がっていきます。 毎日ウォーキングや筋トレを一生懸命やらなくてもいいんですよ〜 まとめ テレビや雑誌で言っていることがすべて正しいと鵜呑みにしてはいけません。 たくさん健康情報を仕入れてもすべてを実行に移すことはほぼ不可能です。 大切なことは基本的なことを毎日地道に実践することです。特に栄養・睡眠・運動の3つの質を高めていくことを最優先に考えてください。 慢性的な痛みでお悩みの方の多くは、基本的なことが抜け落ちていて、すぐに目新しいことに飛びつきがちです。 もし自分で地道にやってみても、変化がない場合は一度ご相談くださいね。 […]

その膝の痛み、水抜き・痛み止め注射を打ち続けて良くなってますか?|大阪梅田 中崎町整体院 

    • 膝の痛み 大阪 

いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます。 大阪梅田近くの【膝の痛み専門】 中崎町整体院の福井です。 今回は膝の痛みを抱える患者さんが、膝に溜まった水を抜いたり、ヒアルロン酸注射を4〜5回打っても治らないのは、何故でしょう?という内容でお届けしていきます。 一般的な整形外科での膝への治療は・・・。 膝が痛い50歳以上の患者さんが、病院や整形外科に行くと レントゲンを撮影し、レントゲンを見てお医者さんは 『軟骨が擦り減っていますね』 『変形性膝関節症です』 『もう結構年齢いってるし、仕方ないね』 『痛み止めとシップ出しておくので様子みましょう』 となることが多いです。 当院でもそういったお医者さんの対応に不安を感じて来られる方が非常に多いのが現状です。 パンパンに腫れていて膝に水が溜まっていれば、水を抜きます。 水を抜いたあと、ヒアルロン酸注射を打つことが多いです。 水を抜いて、ヒアルロン酸注射を打った後はどうですか? この処置で膝の痛みが改善していればOKです。そのまま整形外科の先生の指示通りに通院して頂ければ問題ありません。 水を抜いて、ヒアルロン酸注射を打つことが、あなたの膝関節の痛みには効果があったということです。 効果が出なかった場合は? 膝に溜まった水を抜いたり、ヒアルロン酸注射を5回、10回打っていても効果が出ない。もしくは膝の痛みが増している場合は要注意です。 ヒアルロン酸を注射することで関節の袋(関節包)の中にヒアルロン酸を直接入れます。 関節の袋(関節包)の中の組織には、 半月板、前十字・後十字靭帯、軟骨、滑膜などがあります。 膝の痛みを出している原因が、半月板、前十字・後十字靭帯、軟骨、滑膜ならヒアルロン酸を注射する事で効果が出るはずです。 でも効果が無く膝の痛みが悪化しているなら、関節の袋の外側に原因がある事が多いです。  主に悪さをしているのは筋肉になりますが、これを細かく慎重にみてくれる治療院はそれほど多くありません。   膝の内側に痛みがある場合 膝の内側が痛いといった症状を訴える患者さんの場合、筋肉や靭帯に問題があるケースが多くあります。   注射を打っても痛みが変わらない、もしくは悪化していて膝の内側が痛い場合、 鵞足(付着部)炎という病気の可能性があります。 スネ(脛骨)の骨の内側に、 縫工筋、薄筋、半腱様筋という筋肉の腱が3本付着します。 鵞足とは:3本の腱が扇状に付着していて、鵞鳥の足に似ているので鵞足と言います。   この3本の付着する鵞足に炎症が起こると膝の内側に痛みが発生します。 この鵞足部分を押してみると痛い方は鵞足炎かもしれません。 このケースの場合、ヒアルロン酸注射は効果がありません。 縫工筋、薄筋、半腱様筋、鵞足に施術・アプローチしないと、ずっと膝の痛みが消えずその痛みをかばって歩いたりするので、O脚になってしまい。悪化してしまいます。 鵞足にストレスをかけない姿勢や歩き方、その他生活習慣を変えることも必要になります。 ヒアルロン酸注射が効かないケースは鵞足炎以外にも色々考えられます。 色々なケースが考えられますが、もしヒアルロン酸注射を何回も打っていて 膝の内側が痛いあなたは鵞足炎かもしれませんよ。 膝の外側に痛みがある場合 一方で、膝の外側に痛みを感じている患者さんもいます。これも筋肉や靭帯の問題であることが多い症例です。 一つは、前脛骨筋炎(ぜんけいこつきんえん)というものがあり、向こうずねの外側の筋肉が疲労を溜め込み過ぎて起きるものですが、最近よくつまずいたりする人はこの症状の疑いもありますので要注意です!   もう一つは腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)というものです。これも筋肉や靭帯の問題です。   足の外側に体重をかけて立ったり、歩いたりする傾向のある人に多く発症し、O脚の人も発症しやすいです。膝の外側が出っ張っているために腸脛靭帯が摩擦を起こし炎症につながると言われています。   慢性化した膝の痛みでも諦めないでください! 多くの患者さんを施術させて頂く中で、整形外科などの医療機関側の「慢性の痛みは治らない」という考えこそが患者さんの痛みを悪化させていることに気づきました。 治らない痛みは無いし、患者さんと一緒に頑張ることが、治るためのはじめの一歩だと思います。 もし痛みでお困りでしたらご連絡下さい。 […]

筋トレ・ウォーキング毎日やっているけど膝に良いの?悪いの?|大阪梅田 中崎町整体院 

    • 膝の痛み 大阪 

中崎町整体院のブログにご訪問くださり、ありがとうございます! 大阪梅田 【膝の痛み専門】中崎町整体院の福井です。 今回は、最近テレビや健康雑誌でも取り上げられることの多い「筋トレ・ウォーキング」の是非についてお伝えしていきます。 何となく筋トレ・ウォーキングやってませんか? あなたも整形外科で言われたことがあるかもしれませんね。 「太ももの筋力が足りてないから、鍛えないといけないよ。もっと歩きましょう!」 膝の具合が悪い人にとって、太ももの筋力を維持向上させることが大切だと言われることが多いのですが、果たして本当にそうなのでしょうか? スクワットを勧められて頑張っていたのに膝の痛みがさらに悪化してしまうケースが実際にあります。   膝の痛みを抱えた当院の患者さんのケース 3ヶ月前から膝が痛いAさん。仕事帰りにスポーツクラブに通っています。お医者さんから太ももの筋力不足を指摘され、トレーニングをやるようにと言われたそうです。 スポーツクラブの方にも 『膝の痛みにはスクワットが良いですから続けて下さい』と言われて真面目なAさんは毎日のように、スポーツクラブに通い、スクワットやマシンでトレーニングをしていました。 痛みがあるけど良くなると信じて頑張って通っていました。 その結果どうなったと思いますか? 太ももの筋力アップで膝の痛みもなくなりハッピー!とはなりませんでした。 まさかの膝の痛みが悪化・・・。   真面目に頑張っているのに...なぜ?   Aさんは仕事終わりにスポーツクラブに行き、スクワット以外にもトレーニングマシンを使いトレーニングを続けました。スクワット中に膝の痛みがあるのにも関わらず、筋肉をつけないとダメと言われ頑張っていました。 でも痛みは増すばかりで一向に良くならない。 不安だけが増していきました。   筋トレをしてはいけない理由   膝の痛みには筋トレ!筋力をつけないと痛みが悪化する! という間違った情報のせいで、スポーツクラブの方も悪気は無く、筋力をつけましょうと言ったんだと思います。 でも、膝に痛みがあるAさんがマシンでの筋トレやスクワットをしたら痛みは増します。 しかもスクワットと言うのはフォームがめちゃくちゃ難しいんです。 フォームがグチャグチャならさらに痛みを増します。 なぜ膝の痛みがある時に筋トレしてはいけないのか? これには2つ理由があります。 ①これまで酷使してきた膝を筋トレによってさらに負荷をかけて傷めつけるから ②痛い方の膝をかばって使っているため、筋トレの時も間違いなくかばって使ってしまい、さらにバランスが崩れるから こういった理由から膝の痛みがある時の筋トレは避けるべきなのです。 もちろん痛みがおさまってきたのであれば、再発予防のために筋トレは非常に有効なことは言うまでもありません。 膝の痛みを治すための順番がある 膝は歩いたり、座ったり、立ち上がったり、踏ん張ったり日々の生活の中で体を支えるために気づかないうちに酷使しています。相当な消耗だと思ってください。 消耗している膝のお手入れをほとんど何もしてこなかったから、痛みとなって出てきているので、まず治すためにしないといけないことは何だと思いますか? 膝が何で痛くなったのかを知ること 何で痛くなったのかを明確に説明できますか?説明できませんよね? 説明できないから今まさに膝の痛みで悩んでいるのだと思います。 誰も教えてくれませんし、ネットやテレビの情報はあなた個別に向けて発信されているわけではありませんから、当てはまらないものの方が多いです。 ではこれから何で痛くなったのかを見ていきましょう! 体重が増えたから? 加齢によって変形したから? これは違いますからね! 答えは 【生活習慣】にあります。 ①使い過ぎによるもの  ②使い方の間違いによるもの ③じっとしている状態からの急な動き出しによるもの これらのどれか一つで痛みが出ていることもありますし、掛け合わせで痛みが出ていることもあります。 歩くという動作で解説すると、 ①歩き過ぎ […]

【号外】慢性痛と戦う大阪市梅田の中崎町整体院の実力やいかに!|大阪梅田 中崎町整体院

    • ヘルニア 大阪
    • 坐骨神経痛 大阪
    • 股関節の痛み 大阪
    • 脊柱管狭窄症 大阪
    • 腰痛 大阪
    • 膝の痛み 大阪 

中崎町整体院のブログへご訪問くださり、ありがとうございます! 今回は、 【号外】 ということで、少し当院の実績をお伝えできたらと思います。 何軒も治療院に行ったけどその度にガッカリしては、どこか良い所はないかと探しておられる方は、どこか疑いの目で見ているところがあると思います。何をされるのか一見するだけではわかりませんからね。 私も初めて行くお店などは事前にホームページを見たり、人から聞いたりしていますからとてもあなたの気持ちがわかります。 ホームページを見たけど怪しい! ホームページを見ると色々と良いことばかり書いてあるけど、実際にどれぐらいの患者さんが来院しているのか?というのが気になりませんか? 世の中にはたくさんの整骨院や整体院が溢れていて、みなさんどこに行けばいいのかわからないのが現状だと思います。 そこで大阪梅田近くで【脊柱管狭窄症、ヘルニア、変形性膝関節症、変形性股関節症】などの膝や腰、股関節の慢性痛でお悩みの方に少しでも参考になればと思い、当院の実績をお伝えしようと思いました。 あなたが今、まさに治療院をどこにしようか迷っているのであれば、以下のようなことが気になっているのではありませんか? ・料金はいくらかかるの? ・施術の内容はどんな感じなの? ・どのくらいの時間をかけて施術するの? ・どのくらいの間隔でどのくらいの期間通院が必要かな? ・先生はどんな感じかな? ・先生の腕は確かなのかな? ざっと挙げてもこれぐらいはあるのではないでしょうか? 個別にお答えするよりも、中崎町整体院の実績をお伝えできれば、少しわかってもらえると思ったので、今回は月間で新規の患者さんがどれくらい来院しているのかを包み隠さずお伝えしますね! 次に進む前にこちらも合わせてみてください! https://nakazaki-seitai.com/reason   平成30年に入ってからの実績 これは中崎町整体院の平成30年に入ってからの新規の患者さんの人数です。 1月 70名 2月 55名 3月 53名 4月 107名 5月 162名 6月 134名 7月 73名 8月 53名   となっております。最近は受け入れがなかなかできない状況になっており、制限をかけている状態です。 私は他の治療院さんがどんな状況かはあまり知りませんが、勉強会などに参加すると同業の先生からびっくりされます。 「なんでそんなに新規の患者さんが来るの?」 いつも聞かれます。 基本は、当院のホームページからの問い合わせや、ブログを読んでとかが多いのですが、一度来られた患者さんからの紹介が多くの割合を占めています。 一度来られて当院の施術を体験された方の ・ご家族 ・職場の同僚 ・知人、友人 をご紹介いただいています。 その輪が徐々に広がっていき、今に至っています。 腕が良いとかそういうことを宣伝するつもりはありません。 ただ何を基準に選んだら良いのかという判断材料の一つにしてもらえれば良いと思います。 たくさん来ていれば安心かというと、そういうわけではないですが、何の信用もないところには人は集まりません。 中崎町整体院は、「患者さんを心の底から慢性の痛みから救いたい」という強い想いで施術しています。 そして、1回 8,640円 という決して安くはない金額にも関わらず、本当にたくさんの患者さんに来ていただいているのは、中崎町整体院の施術方針にご理解・ご納得いただいているからだと自負しています! 「どこに行っても結局何も変わらない」「慢性の痛みは治らない」 そういった方ばかりが来られます。そういった方しか来られません。 中崎町整体院に来られた患者さんがよくこう言ってくれます。 「正直、どうせ治らないだろうと思っていました。ここに来るまでは。」   もう手術するしかないんじゃないか?という瀬戸際まできていて追い詰められていたところ、最後に調べていたら、たまたま中崎町整体院が出てきて、もうここで治らなかったら諦めよう。という気持ちで来られます。 […]

膝の痛みの原因はホントに変形なの?|大阪梅田 中崎町整体院

    • 股関節の痛み 大阪
    • 膝の痛み 大阪 

いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます。 大阪梅田近くの【膝の痛み専門】 中崎町整体院の福井です。 今回は膝の痛みで悩んでいる患者さんに向けてお届けしていきます。   このブログを読んでくれているあなたも、膝が痛くて、整形外科に行き、レントゲンを撮ったり、MRIを撮ったりして、 『変形していますね』 『変形性膝関節症ですね』 『関節の隙間が狭いですね』 こんな事を言われませんでしたか? 変形したら痛くなるのは本当なのか? もし骨の変形が痛みの原因だとしたら、一生痛みは消えることはありません。 一度、変形してしまった骨が自然に元通りに戻ることは無いからです。 どれだけ薬を飲んでも、サプリメントを飲んでも変形は戻りません・・・。骨を削ったり人工関節にしたら戻らなくもないかと思いますが、そんなリスク背負いたくないですよね? 私、骨が変形してるし、O脚ひどいし、あ~もう、膝の痛みは治らない.... と、思わないで下さい。 安心して下さいね。変形していることが直接痛みの原因ではないからです。 一度変形してしまった骨は戻りませんが、痛みは改善します! その理由を今から説明しますね。 常識を疑いましょう! 中崎町整体院は常識はずれの施術を行っているから改善していきます。と言っても怪しいことをしているわけではありません(笑) ・軟骨が磨り減っているから痛い ・関節の隙間が狭くなって骨と骨がぶつかって痛い ・筋肉が弱っているから痛い ・体重が重すぎて痛い ・加齢性のものだから痛くても仕方ない これまで上記のようなことは整形外科ではあたかも常識であるかのように言われてきました。そしてそれを患者さんは正しいこととして受け入れてきました。整形外科での診断や治療法はこれまで正しいと思い、その流れに沿って施術を行ってきました。その結果、治っていない人の多さに愕然としました。 する必要のない手術をしてきた人をたくさん見てきました。何で医学的には正しいとされている膝の痛みの原因を取り除いても良くならないのか必死で考えた結果、答えは常識の正反対のところにあることがわかってきました。 変形は、年齢を重ねた顔のシワのようにゆっくり時間を掛けて進んで行きます。痛みが出る前から変形は始まっていたんです。痛みが出てレントゲンを撮ったらたまたま、変形していたということです。 骨が変形していたり、軟骨がすり減ったりすることが膝の痛みの原因ではなく、筋肉であったり、腱であったり、靭帯、関節包など、レントゲンには写らない組織が痛みの原因の事が多いんです。 膝の痛みの原因はどこ!? 整形外科で、関節の中にヒアルロン酸注射を打っても治らない方は、関節の外にある、筋肉、腱、靭帯、関節包が原因なんですよ。 それらに何らかの負担をかけ続けてきた結果、もうこれ以上負担をかけないでくれ!というサインが痛みとなって出ているんですね。 このサインを受け取って、体を守ろうとして力を入れてガチガチに関節を固めてしまったり、体重を乗せないようにバランスを崩して歩いたりしてしまいます。 この結果、さらに痛みが増してしまうのです。 つまり自分の体を自分自身で痛めつけているループを作っているのですね。 中崎町整体院では自分の体を知らず知らずのうちに自分自身で痛めつけていたことにカウンセリングの中で気づいてもらうことを大切にしています。 痛みがない元気な時には絶対にやらないような動きを自分でしていることに気づいた方は、力が入ってかばって体を使っていたことを理解され、力を抜いて体を使うことの大切さを認識されるので本当に治りが早いです。 今まで、何で痛くなったのか?何で良くならないままなのか?ということを知らなかったためにどんどん悪化していたのです。 本当の原因を骨の変形・体重・年齢のこと以外で教えてくれるところはありましたか? 本当の原因を教えてくれて、それを改善する施術や自分自身で行うケアの方法までしてくれる治療院に出会っていたら、今頃あなたの膝の痛みは治っているはずです。 これまでの考え方を捨てる勇気を持つ! これまで正しいとされてきた膝の痛みを治すための治療法。水を抜いたり、薬や痛み止めの注射、リハビリの筋トレ。これでは解決できなかった事実を受け止めてください。一旦その常識を捨てることが治療の第一歩です。 正しいとされてきたことをやっても改善しなかったわけですから、そのまま同じことを繰り返すのは狂気の沙汰です。 良い結果を求めているのに、悪くなるやり方や考え方をしていることに早い段階で気づいて欲しいのです。 ・お医者さんが言っていることだから正しい ・健康情報番組で言っていることが正しい ・雑誌や本で言っているから正しい ・家族や友達が言ってたから正しい これらを正しいと思い込んでいたから、治っていないんですよ! 考え方を変えたら、行動が変わってきます。行動が変わってきたら、結果が変わってきます。 要するにこれまでは悪くなるような考え方をしていただけなので、良くなる視点を頭にインストールすれば良いだけです。 この良い視点をインストールするには専門家の力が必要になります。ここだけは自分では何ともならないところです。 今、この方法を実践できる治療院は全国的に見ても数少ないです。後進の育成に力を入れていますが、一朝一夕では身につかないものなので、大変な時間と労力を要します。 大阪梅田近くで唯一膝の痛み専門(変形性ひざ関節症) 中崎町整体院 までご相談ください。 膝の痛みで困っている人は本当に多く、すべての患者さんを受け入れる体制を整えていますが、最近は予約の枠が少なくなってきています。早急に改善したいということであれば、すぐにでもお電話ください。何とか枠を作れるよう最善の努力をしていきます。 […]

もしかして私ヘルニアかも?と思ったら・・・。|大阪梅田 中崎町整体院 

    • ヘルニア 大阪
    • 坐骨神経痛 大阪
    • 脊柱管狭窄症 大阪
    • 腰痛 大阪
    • 膝の痛み 大阪 

中崎町整体院のブログへご訪問くださり、ありがとうございます。 中崎町整体院に来られている慢性の腰痛や肩こりでお悩みの方は月1~2回程度のメンテナンスに通われています。慢性の腰痛や肩こりと言っても当院の患者さんはヘルニア(首や腰)・脊柱管狭窄症(首や腰)の症状をお持ちの方がほとんどなので、ちょっとコリをほぐしたいというレベルではないということを前提にお話ししていきますね! 何でカラダのメンテナンスは大切なの? 一度症状が改善してしまえば、一生痛みは再発しない。 慢性的な痛みを抱えた方にとっては夢のような話ですが、これまでの経験からしてそれは到底無理な話だということは賢明なあなたなら薄々感じているはずだと思います。 車でも定期的な修理(車検)が必要なように人間の体も日々消耗しているわけですから消耗品なわけです。当然メンテナンスをこまめにしていくことが、今後の健康にとって重要なものになってきます。 また、毎日必ず歯磨きをするかと思いますが、これも将来的に虫歯になりたくないとか、歯周病になりたくないとか、総入れ歯になりたくないからとか、口臭が気になるからといった理由で無意識にメンテナンスをしていますよね? では、カラダのことで毎日のように無意識にお手入れをされていることはありますか? おそらくそういった習慣はないのではないでしょうか? 現在のあなたの体は今までの生活習慣によって作られたものです。 過酷な労働、睡眠不足、乱れた食生活、運動不足、過度なストレス・・・これらの積み重ねが原因で今悩まされている症状や痛みが出ています。 思い出してください。あなたが子供の頃、朝から晩まで遊んでも翌日ケロッとしてませんでしたか? 子供の時から疲れが溜まって、毎日しんどいみたいな小学生なかなかいませんよね!? いつの頃からか、朝起きるのも辛い、昨日の疲れがなかなか取れない。以前は寝て起きたら良くなってたのに・・・。 これは体の回復する機能が著しく低下しているからです。回復しないまま、また疲れを溜めていく。この繰り返しが慢性的な腰痛や肩こりを生み出しているのです。 過酷な労働、睡眠不足、乱れた食生活、運動不足、過度なストレス。こういった生活習慣を変えていかない限り、ずーっと慢性的な症状から解放されることはないでしょう。 いつまでも自分で自分の体を痛めつけていてはいけませんよ。そんなことをしているつもりはなくても実際に痛みやコリなどの症状がある場合は、必ず原因があります。そしてその原因は日々の生活の中にあなたの体を蝕む犯人が必ずいるんですよ。   これからはカラダに投資する時代 ヘルニアや脊柱管狭窄症などによる腰痛や肩こりを発症してしまうと改善するまでに長い時間と多額のお金が必要になります。 そして重い症状に移行していくと最悪手術に至るケースもあります。手術になるとそれこそ多額の医療費がかかります。病院にもよりますが、40万円から150万円前後の手術費用を要することもあります。 手術となると日帰りもありますが、入院すれば仕事もセーブしないといけませんし、場合によってはリハビリが必要なこともあります。 手術をするということは、あなたの体にとっても、お財布事情にも良い事はありません。 どのようにしてカラダに投資していくのか? 「痛くなったり、疲れがピークになってからマッサージに行く」という人がたくさんいますが、それではその場しのぎに過ぎず、何にも解決していません。 それよりも定期的にメンテナンスをするために痛みがなくてもカラダをチェックしてもらい、自分の現状を客観的に知ることが大切です。 カラダに何のストレスもなく過ごしている人なんていません。体に積み重なった負担をリセットした方が結果として出費面でも体に対しても優しいのです。 当院に来られる患者さんの約90%の方は月1〜2回のメンテナンスを受けていますが、みなさんとても快適に生活されています。生活している中でクセが出てきたり、バランスが崩れてきたりするので、そこを確認してもらい、施術によってリセットしていくわけですね。   それでも慢性痛を抱えたまま過ごしますか? 私はプロの治療家としてあなたに関わる以上、あなたにとって1番良い方法を提案をする責任があります。 慢性的な痛みは、痛いところを揉みほぐせば治るというような単純なものではありません。 ・慢性痛をずっと抱えて今に至るまでのご自身の健康に対しての考え方 ・慢性痛に至るまでにこれまでしてきた行動の積み重ね これらが絡んで慢性化していき、トンネルから抜け出すことができずにいます。 多くの方が今までの生活を大きく変えることはできません。 仕事も簡単に変える事なんて出来ないし、運動する時間も作れません。 全てを変えられるのであれば、そもそも慢性痛で悩まされることもなければ病気にもなりません。 もし、これまでの生活をすぐに変えられないのであれば、プロにお願いして良い体の状態を保つのが1番良い方法なのです。 症状がひどくなってから施術を受けるよりも、ひどくなる前に先手を打ってメンテナンスをする方が精神的ストレスや肉体的ストレスを感じません。 ご自身で健康維持や健康増進をしていける自信のある方は、今は情報が溢れているのでどんなメディアからでもやり方は探せるはずですし、スポーツクラブなどもありますので自分で自分の体を守っていきましょう。 最後に 日本人は我慢することが美徳といった考えや思想?があり、特に年配の方は少々の痛みなどは唾をつけておけば治る的なところがなきにしもあらずだと思います。 こういった余計な我慢は必要ありません。 その我慢が後々、ご家族に迷惑をかけることにつながるということを心得てください。歩けなくなって、寝たきりになったりしてから後悔するようなことのないようにしていきましょう。 私、ヘルニアかな?とか脊柱管狭窄症じゃないの? テレビや新聞、雑誌などの情報からそんなことを思っている人は意外に多くいます。 みてもらった方が良いかどうかの判断がつきにくい場合は、一度電話でもメールでもご相談ください。適切にアドバイスさせていただきます。

慢性の痛み(腰痛、股関節・膝の痛み)にどう対処していますか?|大阪梅田 中崎町整体院

    • ヘルニア 大阪
    • 坐骨神経痛 大阪
    • 股関節の痛み 大阪
    • 脊柱管狭窄症 大阪
    • 腰痛 大阪
    • 膝の痛み 大阪 

中崎町整体院のブログへご訪問くださり、ありがとうございます。 大阪梅田 慢性痛専門の中崎町整体院 福井です。 大人になるにつれてなんらかの慢性的な痛みを抱える人は非常に多いです。周りを見渡してください。肩こり、腰痛、膝痛・・・、あげればキリがないですが、慢性的な症状を持っている人多くないですか? 今や小学生や中学生でも肩こり、腰痛を訴える時代になってきています。 長引く慢性痛・・・なぜ治らないの? 中崎町整体院には毎日のように慢性痛でお悩みの方がたくさん押し寄せてきます。 その中でも腰痛や膝の痛みなどでお悩みの方が本当に多いように思います。 当院に初めて来られる方にお話を聞いていくと、多くの方は、 「整形外科に何軒か行って、診察を受けて痛み止めの薬とシップをもらっていた。」 「整形外科で先生の指示通りに通院して、筋トレなどのリハビリも受けていた。」 「整骨院に週2、3回真面目に通院していてマッサージや電気を当てたりしていた。」 このようにお話をしてくださいます。 なのに、一向に慢性の腰痛や膝の痛みは改善するどころか、日を追うごとに悪化しているように感じる。 通院当初はこんなもんかな?もう年だから仕方ないのかな?と思っていた。 通院して3ヶ月が経ち、半年が経ち、もうすぐ1年になろうとしている。このままだったら歩けなくなるんじゃないか?と思い始めていた。このようにおっしゃいます。 慢性痛から解放されるために頑張って通院していたにもかかわらず、このようにお話しされる方があとを絶ちません。   なぜこのようなことが起こっているのでしょうか? これには理由があります。 ①慢性痛がどこからきているのかがわからないまま漫然と治療行為を受けている。 ②慢性痛へのアプローチが根本から間違っている。 ③痛みのある部分しかみていない。 といった医療従事者側の視点による問題が考えられます。 また、 ①なぜ慢性痛になったのかを理解しないまま、医療従事者側に依存している。 ②慢性痛は治らないものと思い込んで諦めている。 ③各種メディアの情報を鵜呑みにし過ぎて、何が正しいのかわからなくなっている。 このように慢性痛を抱えている側にも大きな問題があるように思います。 慢性痛の解決への道はあるのか・・・。 医療従事者と慢性痛で悩んでいる方のどちらもが、慢性痛に関しての正しい情報を受け取り、何が問題で慢性痛を引き起こしているのかということをお互いに深く理解しておく必要があります。 慢性痛なので、こうすれば治るといった単純なものはありません。 長年の蓄積した疲労やゆがみなどの肉体的ストレス、慢性痛があることでイライラしたり、怒りっぽくなったりといった精神的なストレス。このようなものが複雑に絡まっているので、一筋縄にはいかないのです。 一人ひとり慢性痛の状態が違いますので、そこはしっかりとお話を聞いて、どういった経緯で慢性痛になっているのか。なぜ慢性痛が治らないのか。をはっきりさせていかないといけません。 本当に辛い慢性の腰痛や膝の痛みで悩んでいる方は、そこに向き合っていかないといけませんし、これまで自分のカラダを酷使してきた結果が慢性痛に至っていることが浮き彫りになります。生活習慣の見直しなどを真剣にしていかないといけないので辛いかもしれません。 中崎町整体院ではそういった慢性痛に至るまでの経緯を明確にして、日常生活に潜んでいるあなたの悪い習慣やクセを見つけていきます。 当院では日常生活においての悪い習慣やクセになっているものを減らしていくことが根本から慢性痛を改善する近道になると考えています。 結構、みなさんカラダに悪いことを毎日のようにやってますから!本当ですよ! なくて七癖、あって四十八癖ということわざが意味するもの 他人の癖はよく目に付きますが、とかく自分のこととなるとあまり気づいていないことが多いです。私は他人の癖を細かいレベルで見つけるプロです。あなたが気づいていない癖に気づいてもらうことを仕事にしていますので、体に悪い癖はビシバシ指摘していきます。 「私にはそんなカラダを悪くするようなクセなんてない!」と思ったあなた。どれだけ日頃から意識して過ごしていても必ず一つや二つありますから安心してください。 例をあげていくと ・姿勢が悪くなるといけないから、できるだけ胸を張るようにしている ・お尻が垂れるのがイヤだから、腰を反らすようにしている ・ガニ股は良くないから内股気味に歩くようにしている ・足を組んで座らないようにピシッと閉じて座っている ・食べるときにいつも右か左かどちらか一方で噛んで食べる ・歩く時に腕を振らない、目線は下向き、歩幅が小さい、スピードが遅い こんな感じのものはすべてカラダに悪いクセです。まだまだ挙げればキリがないのでやめておきます。あんまり自分の悪いクセが判明するとヘコむでしょ? 生活習慣を見直してみると・・・。 1日24時間、起きてから寝るまでずっと痛いんです。という人はあまりいません。そして寝てる時まで痛いという人もそんなにはいません。 もし仮に24時間ずっと休む間もなく痛みがあるという方は当院では改善させることはできませんので、他の医療機関にいかれることをオススメします。 多くの患者さんに詳しく話を聞いてみると痛い時間帯や痛くない時間帯があるということがわかってきます。痛い時間帯はどんなことをしている時で、痛くない時間帯はどんなことをしている時なのか。これを見ていくと、自分がどんなことで悪くなっていったのかわかりやすいと思います。 慢性痛から解放されようと思ったら・・・。 中崎町整体院に救済を求めてやってくる患者さんは、最初は「先生が治してくれる」と思って来られますが、大切なことは結局、自分のカラダは自分自身で守らないといけないということを痛感しておられます。 自分を客観的に見つめて、向き合っていくと慢性痛で悩んでいる人は、カラダに悪い習慣を必ず持っています。 […]

膝の痛みの原因は年齢と体重。これって本当? 大阪梅田 中崎町整体院

    • 膝の痛み 大阪 

レントゲンで異常がないと言われ、湿布だけ出されていませんか? 膝が痛い!!どうにかしてほしい・・ そんな思いで行った整形外科。 そこでこんな経験をしていませんか? ・お医者さんが話もあまり聞かず、触りもしなかった ・レントゲンに異常がないので様子をみましょう! ・湿布を処方された ・痛み止めを出されただけ ・よくわからないまま注射を打たれた 膝が痛いのにレントゲンに異常がないケースって結構多いです。 レントゲンに異常がない=膝に問題がない。そういうわけではありません。 現に膝に痛みを感じているのですから、必ず原因はあります。 もし、あなたがレントゲンに異常がなく「原因不明」の膝の痛みでお悩みでしたらこの記事を参考にしてください! 膝の痛みの原因は年齢と体重。これって本当? なんでレントゲンに異常がなくても痛みが出るの? 答えは簡単です。関節が原因の痛みではないからです。 それで、レントゲンでは問題がない時に、整形外科ではどういったことを言われるのかというと、 「もう年が年なんだから、消耗しているのは当たり前だよ」 「ちょっと標準よりも体重オーバーしているからダイエットしましょう」 年齢のことと、体重のこと。この二大キーワードを言われている膝の痛みを抱えた患者さん。相当数いるのではないでしょうか?もしかしたらこのブログを読んでいるあなたもその一人でしょうか? 今から年齢と体重が原因説をひっくり返します! 膝の痛みと言ったら「変形性膝関節症」そんなイメージが強くなりすぎて、痛みの原因は関節が変形しているという固定概念が常識となってしまっています。 そしてその原因は、「年齢を重ねていること」 「体重が重いこと」とされることがほとんどです。でも、実際は関節以外の他のところに痛みの原因が潜んでいることが多々あるのです。 膝関節の周囲には膝を曲げ伸ばしするためのたくさんの筋肉が集中してます。また、歩いている時や立っている時に膝に一極集中して負担がないようにするための筋肉もあります。これらの筋肉が炎症を起こしているケースが臨床上よくみられます。 つまり、「膝の関節」の問題ではなく、「膝の周りについている多くの筋肉」が痛みを発しているケースです。 このタイプの膝の痛みに対して、関節内にヒアルロン酸注射や水を抜くなどしても効果が得られないのは想像できますよね?筋肉に問題があるのに関節にアプローチするのはズレているのですよ! 実際の症例から原因不明の膝の痛みを紐解く! 先日来られた患者さんの事例です。 「朝起きた時に膝が痛い」「じっとしている状態から動き出した時に膝が痛い」「しゃがみこむと膝が痛く、正座や床の掃除などができない」「階段の昇り降りの時に膝が痛い」という悩みをお持ちの方でした。 当院にこられるまで3つ以上の整形外科に行き、いずれもレントゲンに異常ないので ・湿布を貼って様子をみてくださいと言われた ・痛み止めを出しておくので、様子をみてくださいと言われた ・太ももの筋トレを指導されただけ で治療が終わってしまったそうです。そして最後の方にもうある程度の年齢だから仕方ない。ちょっと体重が重たそうだからダイエットしてみましょう。というアドバイスをもらったとのことでした。 一応アドバイス通りにシップを貼り、痛み止めの薬を飲み、教えてもらった太もものトレーニングを1ヶ月続けてみたものの変化はありません。 そこで、 「年齢が問題なんだったら、同い年の人で膝の痛みのない人は何でなんだろう?」 「私より体重が重い人もいるのに膝が痛くない人がいるのは何でなんだろう?」 こんな疑問を抱くようになって、ネット上で当院を探し出してくれて遠方からきてくださいました。 姿勢をチェックしていくと・・ 体重が前方に過剰に乗ってしまい、ふくらはぎがパンパンになってしまう姿勢。 何もしないで立っている状態でも、ふくらはぎ・太ももの筋肉を過剰に使っている状態。 この状態で座り込む・立ち上がる動作をすればさらに負荷をかけることになるので痛みはでますね・・ この状態が続くことにより、ふくらはぎ・太ももの筋肉が付着する膝関節の周囲がギュッギュと締め付けられて痛みを生じていることが痛みの原因でした。 この痛みに追い打ちをかけるように太ももの筋トレをしたら逆効果になるのはわかりますよね? 痛みが出ている原因を全身から評価をして施術をしていかなければ、逆に膝を悪い方向へ導いいてしまう可能性があるんです。 私も同じだ!と思ったあなたが次にしないといけないことは? もしもあなたがこのブログをご覧になって、 「私にも当てはまっている・・」と少しでも感じているのであれば、今すぐに中崎町整体院にご相談されることをお勧めします。手遅れになる前にしないといけないことがあります。 まずは、カラダ全体にかかっている負担をしっかり診てくれる治療院に行きましょう!骨の問題ではなく、筋肉にかかっている負担を取ることができる技術を持っている治療院に行きましょう! 中崎町整体院には膝の痛みを抱えた方が多くいらっしゃいます。 その多くの方々は以下のような悩みを抱えていました。 •膝の筋トレをしても痛みが良くならない •もう手術するしかないと諦めていた •整形外科で注射を打っているが3日もしないうちに戻ってしまう […]

大阪梅田近くにある膝の専門をお探しなら、業界注目の中崎町整体院です!

    • 膝の痛み 大阪 

中崎町整体院のブログへご訪問くださり、ありがとうございます! 今回は、膝の痛みの中でも変形性膝関節症についてお伝えしていきます。 変形性膝関節症の常識 厚生労働省のデータでは、国内の変形性膝関節症の患者数を、自覚症状のある患者数で約1000万人。 潜在的な患者数(レントゲン診断による患者数)で3000万人と推定しています。 一般的に変形性膝関節症は、軟骨が磨り減って膝の形が変形し、痛みや腫れのある状態と言われています。 関節の変形や動かした時の痛み、関節の可動域が制限されることで、立ち上がる時、動き始め、歩行に悪影響を与えるために、日常生活の質(QOL)が大きく低下していきます。 高齢化が進む中、患者数は年々増加傾向にあり、発病率は高齢になればなるほど上がります。 50歳以降の男女比では、女性の方が男性よりも1.5倍〜2倍になると言われています。 膝の痛みがで出してから、日にちが経過するにつれてひどくなると整形外科などの病院に行くと思いますが、病院に行くとお医者さんから、 ・軟骨が磨り減って関節の隙間が狭い ・加齢によるものだから、だましだまし使っていくしかない ・筋肉が少ないからもっと歩きなさい ・太ももの筋肉を鍛えないといけないよ ・水が溜まっている こういったことをよく言われるそうです。 病院で行われる処置としては、痛み止め・シップ・水を抜く・ヒアルロン酸注射などでしょう。いわゆるこれまで正しいと思われてきた整形外科では常識の範囲内の治療です。 これで良くなっている方はこれ以降読み進める必要はないので、そのまま整形外科に継続して通院してください。 でも、上記のような治療をしていても治ってませんよね? だからこのブログにたどり着いたのだと思うのですが。 頑張ってお医者さんの指示通りに通院しているのに全く変化がない方や痛みが増している方は一般的な変形性膝関節症の処置をしても治らないので、このまましっかり読み進めてください。 これまでの変形性膝関節症の一般論や常識は通用しない 私もこれまで整形外科での治療法は正しいと思っていた側なので、それがすべて間違っているとは思いませんし、必要なこともあるのは事実です。でも、一般的な膝の痛みの処置の通用しない方がたくさんいて、どんなことをしても改善しない方が中崎町整体院に溢れています。 なぜ中崎町整体院に膝の痛みを持った患者さんが殺到するのか? その理由は常識から外れた施術を行っているからです。 オカルトのようなことをしているわけではありませんので安心してくださいね(笑) 具体的にどういう考えで変形性膝関節症の痛みにアプローチしているかというと、 ①膝関節に直接的な問題はない ②年齢の問題ではない ③筋肉が少ないという問題ではない ④変形していることが問題ではない ⑤体重が重いことが直接的な問題ではない こういった視点で施術にあたっています。 なぜこういった視点を大切にしているのかというと、これまで正しいとされていた西洋医学の考え方では改善しない人がたくさんいるからです。 決して西洋医学を否定しているわけではありません。 西洋医学の守備範囲から漏れる方が多くいるということを目の当たりにしてきた経緯があるからこそ、こういった立ち位置で見るようにしています。 この膝の痛みについての考え方はとても大切です。患者さん自身も整形外科で言われてきたことを覆していかないといかないので、最初は戸惑うことが多いと思います。 だって軟骨がすり減ってるのも、変形しているのも、体重が重いのも、年齢がかなりいっているのも客観的な事実としてあるわけですから、信じ込んでしまいます。 もう一度大切なことなのでおさらいしておきますね。これを前提にして膝の痛みに向き合っていかないと治りません。 ①膝関節に直接的な問題はない ②年齢の問題ではない ③筋肉が少ないという問題ではない ④変形していることが問題ではない ⑤体重が重いことが直接的な問題ではない これを頭に入れておいてくださいね。 どんな施術内容なのか? 中崎町整体院で変形性膝関節症の痛みを施術するにあたって大切にしていること。それは、 ①カウンセリング(問診)に一番力を入れています。 これまでどういった経緯で膝に痛みがで出したのか?痛みがある時とない時の差はどんな時なのか?1日の中での痛みの変化は?痛みがあることでどんな不安や心配があるのか?こういったことを細く聞いていくことで痛みの原因が浮き彫りになることが多くあります。 人によっては30分〜1時間かけてカウンセリング(問診)することもあります。 ②生活習慣(クセ)の改善までみています。 施術を受けることによって良くなると考えている方が多いです。もちろん施術も良くなるための必須事項ですが、もっと大切なのは、施術を受けている時間以外の日常生活の時間です。なぜなら施術を受ける時間はせいぜい30分程度のことです。日常生活の時間は施術の30分を差し引いても23時間30分あるわけです。 施術を受けるよりも、23時間30分をどのように過ごすかが症状改善していく上でもっと大切です。 ですから中崎町整体院ではあなたの日常生活の悪い習慣を改善してもらうために真剣にアドバイスします。正直お節介をたくさん焼きます(笑) なぜなら痛みに本当に悩んでいるあなたを救いたいからです。 […]

膝の痛みで階段を降りる時が怖いんです・・・。|大阪梅田 中崎町整体院

    • 膝の痛み 大阪 

中崎町整体院のブログへご訪問くださり、ありがとうございます! 大阪梅田 【膝の痛み専門】 中崎町整体院の福井です。 駅のホームで初老の方が頑張って階段を昇っている姿や、階段を一段ずつ恐る恐る降りている方を見かけるたびに心が痛みます。 不本意ながら、エレベーターやエスカレーターを使っておられる方も多いことでしょう。できることなら階段で昇り降りができたらと思っている人の助けになれるように日々の施術で一人でも多くの膝の痛みを抱えた方を救えるように今日も頑張っています!   最近、階段の昇り降りがストレスになっているあなたへ 日常生活の中で駅の階段や自宅の階段を昇り降りする機会は多くあると思いますが、中崎町整体院に来る膝の痛みを抱えた患者さんの中でも多くの方が口にするのが、階段の昇り降りの時に膝の痛みが増すという声です。 なぜ、歩くよりも階段の昇り降りで膝の痛みが出るのか? 患者さんからよく聞くのは「歩くときは楽なんだけど、階段になると膝がダメなんだ」ということです。 それは、膝の痛みに関係する筋肉が歩く時よりも、階段の昇り降りの時に緊張するからです。 膝の痛みに関係する筋肉を知ってますか? 膝の上下又はどちらかが痛むタイプ ■大腿四頭筋(だいたいしとうきん) 以下の4つの筋肉の総称です。 ・大腿直筋(だいたいちょっきん) ・中間広筋(ちゅうかんこうきん) ・外側広筋(がいそくこうきん) ・内側広筋(ないそくこうきん) 股関節から太ももの前を走り膝下までつながる大きな筋肉です。膝の前側をとおり、膝を伸ばす動きに関わる筋肉(伸筋)です。膝の上や下に違和感がある場合はこの筋肉の柔軟性を高めます。ジャンパー膝やオスグッド・シュラッター症候群といわれるケガに直接関わる筋肉です。 膝の外側に痛みの出るタイプ ■大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん) 腰の外から膝の外側に走る筋肉です。股関節の安定性に関わっています。歩行や走る際にまっすぐまえに足が出るようにするために重要な筋肉です。膝の外に痛みや違和感がある場合はこの筋肉が関係していると考えます。   膝の内側に痛みの出るタイプ ■縫工筋(ほうこうきん) 骨盤前部から始まり、腿の内側を通り膝の内側から膝下まで走る長い筋肉です。一つの筋肉としては人体中もっとも長い筋です。股関節、膝関節の屈曲に関っており、膝の内側に違和感がある場合は、この筋肉をストレッチします。   膝の裏側に痛みの出るタイプ ■ハムストリングス 太ももの裏から膝の裏側を通って膝下に走る筋肉群です。次の3つの筋肉から構成されています。・大腿二頭筋(だいたいにとうきん)半膜様筋(はんまくようきん)、半腱様筋(はんけんようきん)。 膝の裏側に違和感を感じる場合は、ハムストリングスの硬直を考えます。膝を曲げる動きに関わる筋肉です(屈筋)。     ■腓腹筋(ひふくきん) ふくらはぎの大きな筋肉で、膝裏をまたいでアキレス腱となりながらかかとまで走っています。足関節や膝関節の屈曲に関係。膝の裏側の違和感はこの腓腹筋が関係している場合もあります。     膝の痛みを改善するには筋肉の緊張(疲労)を取ろう!! 膝の痛みがどこに出ているかによって、関わってくる筋肉が変わってきますが、階段の昇降時には膝周りの筋肉が歩行時よりも緊張するために痛みが強くなる傾向があります。 緊張が強くなると痛みが強くなるのなら、緊張を取ってしまえば、痛みも自然と減少します。   当院は膝の痛み専門の整体院です。 当院では、二つのポイントを重視して治療を行います。 一つ目は筋肉です。 膝の関節はとても筋肉に依存した作りをしています。膝蓋骨(膝のお皿)を大腿骨(太ももの骨)にくっつけているのは四頭筋(膝上の筋肉)が膝蓋骨を包み込みお互いの骨を引き寄せてくれているからなのです。 ですが、膝関節は筋肉に依存しているために膝回りの筋肉が疲労により固くなってしまうだけで膝の可動域が著しく低下してしまいます。 ですから、当院では、筋膜治療器具「グラストン」という特殊な器具を使って筋肉を緩めていきます。 グラストンはあまり聞きなれない方でも、女性の方ですと「かっさ」という言葉はエステなどの雑誌の記事で聞いたことがあると思います。 この日本古来からの「グラストン(かっさ治療)」ですが、近年「筋膜リリース」というような名前で知名度を上げてきました。 NHKのためしてガッテンでも特集され、雑誌などでも専用の記事が掲載されるほど注目を集めています。 筋膜リリースとは? 筋肉は薄い筋膜という膜につつまれています。その膜は全身を覆っていてイメージとしては全身タイツのようなものだと思ってください。 その筋膜に捻じれや歪み重なりなどが起こると体の動きが制限され、その場所の血流も低下し痛みが発生します。これが一般的に言われるコリです。 この筋膜の重なりや歪みをかっさの道具を使いアイロンでしわを伸ばすように伸ばしていきます。 そうすることで、歪みが改善され、今まで取れなかった筋肉の固さが改善されます。 残りの二つ目のポイントは「考え方」です。 人間は頭が良すぎる為に痛みを予想してしまうことがあります。 例えば、人はボールなどが自分に向かって飛んできたときに無意識に先の痛みを予測して体の筋肉を硬直させて当たった時の痛みに備えるような動きをします。 […]

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

6月20日までの期間限定

施術1回 通常 8,640

今なら 初回限定

2,980

1日限定3名! 午前中には予約がうまってしまいます。
ピンときたら今すぐお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

予約
優先制

今すぐお電話ください!

お電話でご予約の際は、

                                   ホームページを見て予約をしたいのですが・・・。とお伝えください。

 

06-6360-6856 06-6360-6856

営業時間 午前10:00〜21:00(土日祝は17:00)

中崎町整体院

住所
〒 530-0015
大阪市北区中崎西2-1-1
ゼネラルビル1F
アクセス
大阪メトロ(旧大阪市営地下鉄)谷町線 中崎町駅3番出口、4番出口から徒歩1分
代表者
福井健人
電話番号
06-6360-6856 06-6360-6856

祝日は不定休 事前にお電話で確認してください。

営業時間
10:00〜21:00
10:00〜17:00

ソーシャルメディア

LINE ID
@sjy6522i
お友達登録はこちら
http://line.me/ti/p/%40sjy6522i

PAGETOP