中崎町整体院

大阪メトロ(旧大阪市営地下鉄)谷町線 中崎町駅3番出口、4番出口から徒歩1分

住 所
大阪市北区中崎西2-1-1
ゼネラルビル1F
営業時間
10:00〜21:00
10:00〜17:00

まだ膝の水を抜いてヒアルロン酸を打ち続けてるんですか?|大阪梅田 中崎町整体院 

中崎町整体院のブログへご訪問くださり、ありがとうございます!

大阪梅田 【膝の痛み(変形性膝関節症)専門】 中崎町整体院の福井です。

今回は膝に水が溜まったらそれを抜いて、ヒアルロン酸の注射を打ってを繰り返している方に向けてお届けしていきます。

膝の水抜いてヒアルロン酸注射を打ち続けて、行き着く先は・・・・。

膝の痛みを抱えている患者さんの多くは整形外科で注射で水を抜いて、ヒアルロン酸注射の処置を経験しています。

もしかしたら、このブログをご覧のあなたも水抜きの処置やヒアルロン酸注射を受けたことがあるかもしれませんね。

そもそも膝にたまる水とは何なの?

なぜ膝の関節に水は溜まるのでしょうか?

整形外科ではなぜすぐに水を抜きたがり、ヒアルロン酸の注射を打つのか?

なぜ整形外科の治療では良くならないのか?

その疑問にこれからお答えしていきたいと思います。

あなたの周りの人で膝の痛みを持っている人が、よく膝に水が溜まると言っていることを耳にしませんか?

そもそも膝に溜まる水って何なのでしょう? 

膝に溜まる水は、正式な名前は「関節液」といい、関節液は関節を包んでいる膜 (関節腔)に入っており、骨の先端の軟骨に栄養を与えたり関節のスムーズな動きのための潤滑油のような役割をしています。

膝, 古い, ケア, 傷害, 痛み, 膝関節痛, 炎症, 変形性関節症, 医療

では、水が溜まってる方が動きがいいのでは?と思いますよね。

でも実際膝に水が溜まると関節の中はパンパンになってしますので、曲げ伸ばしなどの動きの邪魔になって制限されます。

なぜ膝に水が溜まるの?

膝の関節液(水)を作っている細胞は、膝の関節中に異物が入り込むと関節液中に含まれる酵素で異物を除去しようとします。

そうして、膝の中の関節液が増えることで、一般的に言われる水の溜まった状態になってパンパンに腫れたような状態になります。

異物の量が多ければそれだけたくさんの関節液がつくり出されることになります。また、そうなると自らつくり出した酵素にも刺激を受けて滑膜はどんどん潤滑液をつくり出します。

そうしてますます膝に水がたまっていくのです。

 

水が溜まりやすい人とは?

1 50才以上の人

2 女性に比較的多くみられる

3 O脚に多い・・O脚気味の人は通常よりさらに体重が内側にかかりやすく、ますます片側の軟骨がすり減ります。

4 過去のケガや職業も関係する・・足にねんざや骨折の経験があったり膝を酷使する職種は要注意です。

5 負担をかける肥満・・重い体重によって軟骨がすり減りやすくなっています。

 

整形外科に行くとすぐに水を抜きたがる理由とは?

膝の痛みで整形外科に行って受診すると、すぐに水を抜きたがります。

ではなぜ、整形外科ではすぐに水を抜きたがるのか?

それは、水を抜く方が、患者さんの膝の状態に変化が大きく見られ、その場で治療効果がわかりやすいからです。

ですが、この効果は決して長くは続きません。

人によって個人差はありますが、水を抜いてもまた水が溜まってしまう方が多くいらっしゃいます。

中崎町整体院に来る患者様も最初は良かったけど、何度も通っていく中で

・その場しのぎで良くなっていないのではないか?

・このまま死ぬまで通わなくではいけないのではないか?

・この先歩けなくなるんじゃないか?

などの不安を持たれて来院される患者さんが多くいらっしゃいます。

なぜ整形外科の治療で改善しないのか?

それは、水の溜まってしまった根本の原因を取り切れていないからなんです。

最初にも書きましたが、膝の水は関節内の潤滑油であり、クッションです。

何かのきっかけで関節内のクッションが少なくなり、骨と骨が擦れると水が溜まりますが、この水は骨を守るためのクッションです。

ですが、水を抜くということはせっかく身体が作ってくれたクッションを抜いてしまう行為なのです。

極力は水は抜かずに自然に吸収されるのを待ったほうがいいですが、水が溜まっている間は関節がパンパンになり膝の動きが制限されます。

日常生活での動作や仕事の動作の中で膝の曲げ伸ばしの多い方は、水を抜かないと通常の生活が送れないので仕方なく水を抜きます。

そもそもの根っこの原因がしっかりわかっていないと患者さんも気のつけようがありませんので、何度も何度も繰り返してしまいます。

根っこの部分が日頃の姿勢なのか?立ち方の癖なのか?歩き方の問題なのか?身体の他の部位に問題があるのか?をしっかりとご自身で理解していないと、改善できる症状もズルズルと根深いものになってしまいます。

中崎町整体院で膝に水がたまっていることに対する施術方法

当院ではテーピングによる施術で膝の水に対する処置をしています。

膝にかかっている負担を取り除くための特殊な筋肉・筋膜の施術を行っています。

イメージとしては、負担がかかって伸び縮みがうまくできていない筋肉をほぐしていきましす。

背骨や骨盤のゆがみが膝の痛みの根本原因だと説明を受けている人もいますが、そこはあまり関係ないでしょう。背骨や骨盤がゆがんでいたら全員が膝の痛みが出るのか?というとそんなことはありえません。

まずは最初に膝が痛くなり始めてから現在に至るまでの間に膝をかばって使ってきたことによる筋肉の負担を取ることが先決です。

自分でできるセルフケア

中崎町整体院で継続的に膝の痛みを改善する施術を受けている患者さんに対して口酸っぱく伝えているのが、自分で膝の負担を取るためのセルフケアの重要性です。

・局所を安静に保つ
動かすとまた膝に負担をかけて症状が増してしまいます。しかし寝たきりになると膝の筋肉が落ちてしまうので痛くならない程度の動作におさえるようにしましょう。我慢できないほどの痛みの場合だけ安静ですからね。

・とにかく冷やす
腫れたり熱っぽくなっている時期は氷のうなどで積極的に冷やし、炎症を抑えます。冷やすことによってたまった関節液の排水が促されます。アイシングのやり方は氷嚢があればそこに氷を入れて少量の水を入れて膝のお皿のあたりに当てて5分ぐらい冷やしてください。氷嚢がなければビニール袋に氷を入れて水を少量入れて代用してみてください。ビニール袋は二重にして漏れないようにしておくと良いです。

 

中崎町整体院の施術の特徴

当院では、二つのポイントを重視して施術を行います。

一つ目は筋肉です。

膝の関節はとても筋肉に依存した作りをしています。膝蓋骨(膝のお皿)を大腿骨(太ももの骨)にくっつけているのは四頭筋(膝上の筋肉)が膝蓋骨を包み込みお互いの骨を引き寄せてくれているからなのです。

ですが、膝関節は筋肉に依存しているために膝回りの筋肉が疲労により固くなってしまうだけで膝の可動域が著しく低下してしまいます。

ですから、当院では、筋膜施術の専用器具「グラストン」を使って筋肉を緩めていきます。

グラストンはあまり聞きなれない方でも、女性の方ですと「かっさ」という言葉はエステなどの雑誌の記事で聞いたことがあると思います。

この日本古来からの「グラストン(かっさ療法)」ですが、近年「筋膜リリース」というような名前で知名度を上げてきました。

NHKのためしてガッテンでも特集され、雑誌などでも専用の記事が掲載されるほど注目を集めています。

筋膜リリースとは?

筋肉は薄い筋膜という膜につつまれています。その膜は全身を覆っていてイメージとしては全身タイツのようなものだと思ってください。

その筋膜に捻じれや歪み重なりなどが起こると体の動きが制限され、その場所の血流も低下し痛みが発生します。これが一般的に言われるコリです。

この筋膜の重なりや歪みをかっさの道具を使いアイロンでしわを伸ばすように伸ばしていきます。

そうすることで、歪みが改善され、今まで取れなかった筋肉の固さが改善されます。

二つ目のポイントは「考え方」です。

人間は頭が良すぎる為に痛み出さないように予測してしまうことがあります。

「考えている イラスト」の画像検索結果

例えば、人はボールなどが自分に向かって飛んできたときに無意識に先の痛みを予測して体の筋肉を硬直させて当たった時の痛みに備えるような動きをします。

これと同じことを膝関節でも行ってしまっているのです。

過去に体験している膝を曲げた時の痛いという記憶が脳に残っていると、無意識に力が入ります。上記でも述べたように膝の関節は筋肉に依存しているので、膝に力が入ると筋肉が収縮して膝関節の隙間が狭くなります。膝の関節が狭い状態で膝を曲げるのですから痛みは通常時と比べ起こりやすくなります。

簡単にまとめると

①膝の痛みを怖がって筋肉に力が入る。

②筋肉が緊張することで膝関節の隙間が狭くなる。

③狭くなった関節に筋肉、軟部組織、軟骨などが挟まり痛みが発生する。

④痛みが発生することで膝を曲げるときの恐怖心が増す。

この負のスパイラルを繰り返してしまっては治るものも治りません。

まずは、自分の現状況を理解し、今まで治らなかった考え方を変えてみませんか?

「ひらめきイラスト」の画像検索結果

今度こそ本気で膝の痛み・変形性膝関節症を治したいあなたへ

あなたが本気で「膝の痛み・変形性膝関節症」を治したいと考えているのなら、本気で向き合ってくれる先生のところでしっかりと痛みの根本から施術をしていかないといけません。

変形性膝関節症は重度になるとひとりで歩くことも困難になってしまうやっかいなものです。

本気で治すという気持ちがないと、施術が中途半端になってしまって治ることはありません。

今まで通り、何となく整形外科や整骨院に通って、電気を当てたり注射を打ったり、保険がきくから、近いからという安易な気持ちで何も変化しないことを続けますか?

当院では、初診時に患者さんの今までの治らない後ろ向きな考え方を捨ててもらい、

いついつまでにどのような状態になりたいのかという共通の目標を設定します。

2回目の来院時にお互いに話し合い施術プランを決めていき、階段を一歩ずつ上っていくようにしっかりとプラスに向かっていく施術をしていきます。

今まで通院していた整形外科や整骨院で

・頑張って通院していても効果もその場だけ

・どのくらいのペースで通えばよいのかわからず毎日通っている

・流れ作業のような毎回同じ施術を漫然と受けている

・担当者がコロコロ変わる

・背骨や骨盤のゆがみのことばかり言われる

上記のようなことはありませんか?

これははっきり言って治らない治療院です。

中崎町整体院では、施術効果も今どの段階でどのように良くなっていくのか?なぜ痛みがぶり返すのかを毎回患者さんへお話します。

施術ペースも毎日無意味に通わせることはありません!!

患者さんの症状により多少の誤差はありますが、初期段階では週2回の来院をご提案しています。症状の変化によってペースを落としていったり、逆に増やしたりすることを提案していきます。

しっかりと患者さんに施術の意味や現段階でどういった目的で施術を進めているか、今後の施術の方向性などもお伝えするので、患者さんが施術の期間中で心が折れてしまうことはありません。

今までとは違う、あなたに合ったオーダーメイドの施術で「膝の痛み・変形性膝関節症」のお悩みを解決したいとお考えであれば、是非当院へお越しください。

 

  • 膝の痛み 大阪 

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

1月20日までの期間限定

施術1回 通常 8,640

初回限定

2,980

1日限定3名! 午前中には予約がうまってしまいます。
ピンときたら今すぐお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

予約
優先制

今すぐお電話ください!

お電話でご予約の際は、

                                   ホームページを見て予約をしたいのですが・・・。とお伝えください。

 

06-6360-6856 06-6360-6856

営業時間 午前10:00〜21:00(土日祝は17:00)

中崎町整体院

住所
〒 530-0015
大阪市北区中崎西2-1-1
ゼネラルビル1F
アクセス
大阪メトロ(旧大阪市営地下鉄)谷町線 中崎町駅3番出口、4番出口から徒歩1分
代表者
福井健人
電話番号
06-6360-6856 06-6360-6856

祝日は完全予約制のため事前にお電話で確認してください。

営業時間
10:00〜21:00
10:00〜17:00

ソーシャルメディア

LINE ID
@sjy6522i
お友達登録はこちら
http://line.me/ti/p/%40sjy6522i

PAGETOP